東京でつくる。一貫体制でつくる。 そこに東京フェライトならではの高品質が生まれる。 MADE IN TOKYO

焼結マグネット

焼結マグネットは、酸化第2鉄(Fe2O3)と炭酸バリウム(BaCO3)または炭酸ストロンチウム(SrCO3)を主原料とし、粉末冶金法により製造されるコストパフォーマンスにすぐれたマグネットです。無磁場にてプレス成形する「等方性」と磁界中でプレス成形し磁気的に方向性を持たせる「異方性(乾式および湿式)」があり、それぞれ磁気特性表に示す特性に分けられます。
焼結マグネットの特長である高保磁力により、外部磁界や自己減磁作用の影響を受けにくく、扁平な形状や複雑な形状にも対応。必要に応じて「極異方性」「ラジアル磁石」をご提供することも可能です。

焼結マグネットの特長

  • 安価に安定的に供給できコストパフォーマンスにすぐれます。
  • 保磁力が高く減磁しにくく、安定した磁力が得られます。
  • 平面に2極~10極以上、外周内周にも多極着磁可能です。

焼結マグネットの物理的特性における注意点

磁束密度の温度係数は-0.18~-0.19%/℃と比較的大きな値となります。また異方性材料では温度が低下すると保磁力も+0.35~+0.5%/℃の割合で減少します。設計においては、マグネットの動作点を低温における減磁曲線のクニック点以上に設定する必要があります。

等方性焼結マグネット
異方性焼結マグネット